社会福祉法人 同愛会

健育から 自立への道

2022/01/13

「人日の節句」七草粥(がゆ)ならぬ、七草うどん


【健育特製、七草うどん】

みなさんこんにちは。
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。(松の内が過ぎてしまいました)
※ 「松の内」とは、地域によってことなりますが一般的に1月1日~1月7日をさし、この間をお正月とします。
さて、1月7日の健育のランチメニューは、七草うどんでした。
みなさんは、ご自宅で七草粥(がゆ)を召し上がりましたか?七草粥とは、春の七草を入れて作られるおかゆのことです。
「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞ七草」という古い短歌がありますが、(短歌や俳句については、活動でやりましたね。)子どもの頃、呪文(じゅもん)のように暗唱していた記憶があります。
七草の時期になると、セットになった七草がスーパーなどで販売されていることもありますが、「行事として七草粥を毎年食べる」というご家庭は少なくなり、七草粥を食べる風習は、すたれてきているのかもしれません...
春の七草がどんな植物なのか知らないという、生徒がほとんどでした。
しかし、古くから続くこの行事は、とても深い意義を持っており、健育では食育の観点から、「桃の節句」や「端午(たんご)の節句」などの行事で食べる物をランチを通じて、生徒たちに伝えております。栄養士さん、良き学びをありがとうございます。


謹賀新年
【謹賀新年】

七草の風習の起源は、古代中国にさかのぼります。
中国では1月7日の「人日(じんじつ)」に7種の若菜を熱々の吸い物にして食べることで、邪気を払うという風習があったそうです。そして、奈良時代に日本に伝わったといわれています。
また当時の日本では、年の初めに芽が出始めたばかりの春の野草を摘む、「若菜摘み」という風習がありました。この中国の風習と、日本古来の若菜摘みの風習が結びつき、1月7日に七草を食べるようになったと考えられております。
七草の歴史をひもとくと日本古来の風習を知ることができ、時を越えて受け継がれてきた風習と、そこに込められた先人の想いを感じることができます。季節の食べ物をいただくのは、大切なことなんですね。


正月飾り
【正月飾り】

健育2階のエレベーター横には、季節のものを飾っております。


寅
【寅】

改めまして、今年もよろしくお願い申し上げます。



アーカイブ

社会福祉法人 同愛会より最新情報

BLOG  2022/04/25
オープンキャンパス、始まりました!
BLOG  2022/04/19
第8回 入学式
NEWS  2022/04/1
・令和4年度の説明会・オープンキャンパス日程を掲載しました。各回予約制です。
BLOG  2022/04/01
横浜健育センターへの道しるべ
BLOG  2022/03/26
第8回 卒業証書授与式
BLOG  2022/03/08
健育祭!!
BLOG  2022/02/10
備えあれば憂(うれ)いなし。大雪対策!!
BLOG  2022/02/01
1月新メニューのご紹介
最新情報 全件表示

スケジュール

<<先月 2022 年 05 月 翌月>>
1 2 3 4 5 6 7
           
8 9 10 11 12 13 14
           
15 16 17 18 19 20 21
             
22 23 24 25 26 27 28
       
29 30 31        
             
イベントスケジュール詳細 >>
当面の日程
2022.05.25 中学3年生保護者対...
2022.05.26 中学3年生保護者対...
2022.05.28 中学3年生対象オー...
2022.05.28 中学3年生対象オー...
2022.06.01 中学3年生保護者対...
2022.06.02 中学3年生保護者対...
2022.06.03 中学3年生保護者対...
2022.06.04 中学3年生対象オー...
2022.06.09 中学3年生保護者対...
2022.06.16 中学3年生保護者対...